So-net無料ブログ作成
検索選択
レ・ミゼラブル2013 ブログトップ
前の10件 | -

レ・ミゼラブルの感想~まとめ~ [レ・ミゼラブル2013]

lesmis2013.jpg
レ・ミゼラブルの感想を キャスト別に纏めてみました。
(結局 2回しか行けませんでしたが)

赤文字が1回目観劇のときのキャスト
青文字が2回目観劇のときのキャストです。

長文です。
ネタバレもあります。

大丈夫な方だけ、続きをどうぞ。

続きを読む


2回目の観劇 レ・ミゼラブル [レ・ミゼラブル2013]

レ・ミゼラブル[晴れ]
6月4日(夜の部)

昨日は二回目の観劇でした。

LEMIS.jpg

1回目に見た時よりも 感動が深かった。
やっぱり最初は 前演出のイメージが大きかったし、
自分のココロも固かったのかもね(汗)


司教様の「さて、我が兄弟」 にグッと来て

ワンディモアで 大感動

ガブローシュとグランテールのやり取りに 終始 ココロ奪われ

アンジョルラス様の 打たれて仰け反り→砦の外へ落ちて行く その後姿に涙、涙。

段々と悟りを開いて 仏様のような顔になって行くバルジャンにも 涙、涙。

エポは 悲しすぎて 観ていて 嗚咽をこらえるのが大変でした。


この先 ネタばれです。

さてさて、前回観たのは 丁度2週間前ですが
その間に、役者さんがレベルアップされている様子も感じられました。

とくにガブローシュの 松井月壮君は どんどん活き活きしていきますねぇ。
リトルコゼットの 木村青空ちゃんも 情感にじみ出る歌声で 感動しました。

バルジャンの 吉原光夫さんも 声がすごく深くなられていたのと
「彼を帰して」 の時の表情が 昨日はもう・・・仏様のようでした。
後光が見えた気がした・・・。
ビバ!自分と同年代!(笑)

実は前回、 宿屋のシーンで 泣いてしまいまったんです。
長く レ・ミゼを観て来て 宿屋のシーンで泣いたの、初めてですよ[たらーっ(汗)]
感動の涙 ではなくて、何だか苦しくて。
だって、
足の不自由な人の杖を取り上げちゃったり、
盲目の人の持ち物を取り上げちゃったり、
その人が連れている カナリアをミンチにしちゃったり。。。
なんで ここまでする必要があるの? って。
完全に個人的なスイッチなんですけど
ちょっと、気持ちが沈んじゃったんですよね。。。

でも 今回は大丈夫でした。免疫がついたんですかね(笑)
夫妻の演じ方も、良い意味で「リアルじゃなかった」からかもしれません。
KENTAROさんと谷口さんでした)

あとは、谷口さんの「PO-」 の歌い方で だいぶホッとしました(笑)。
あれくらいのニュアンスの方がイイです。 (なんのこっちゃ)

前回の感想でも触れました
ABCカフェ
『命の価値 かんがえたか~[るんるん]』 前後で
『もちろんだよ[exclamation]
等の 台詞(ガヤ?)が入っていた箇所。

昨日は
『命の価値考えたか~[るんるん]』 で
『・・・・・・・・・』
と、急にみんな黙り込む・・・という風に変わっていました。

うん。ぜったい、こっちの方がいいって!!!

でも・・・個人的には アンジョルラスの演説中は、
ガヤは、最初から要らない、と思うのです。
彼が話だしたら(歌いだしたら) みんな黙って、真剣に耳を傾ける・・・という絵の方が
アンジョルラスのカリスマ性が 際立つと 思うし
曲調とも 合っていると思うのです・・・。
(なーんて素人の感想ですが[たらーっ(汗)]

ところで、今回は 前方の一番カミテで観劇したのですが
ほとんど映像が見えなくて 少し残念でした。

ジャベールの入水自殺のシーン、前回はセンタ寄りで見たので
すごい迫力を感じましたが・・・
今回の位置で観ると、
「宙づり状態のジャベールが後ろに下がって行くだけ」 という印象[たらーっ(汗)]

新演出は 映像が肝になっているシーンも多いので
堪能したい方は なるべく、センターよりの席をオススメします。

でも・・・カミテは 司教様の表情がすごくよく見えるし
エポニーヌの姿も間近で見られるし
トクするシーンも たくさん あるのですが[グッド(上向き矢印)][かわいい]


でも、本当に レ・ミゼは何度見ても感動する作品です。

しばらくは 余韻にひたります[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

シーンごと キャストごとの感想を
後日 アップする予定です。


1回目の観劇 レ・ミゼラブル [レ・ミゼラブル2013]

新演出になって、初めての観劇。
5/22 夜の部
キャストは 下記のとおりです。

ジャン・バルジャン   : 吉原光夫
ジャベール        : 川口達也
エポニーヌ        : 平野 綾
ファンティーヌ      : 知念里奈
コゼット          : 若井久美子
マリウス         : 原田優一
テナルディエ      : 駒田 一
マダム・テナルディエ : 浦島りんこ
アンジョルラス     : 杉山有大

大好きな作品、大好きな楽曲を
今までとは 一味違う演出で味わうことが出来て、楽しかったです。

もちろん、以前の演出と比較して 「前の方が良かったなぁ」 と感じる部分もありました。
けれど、その反対、「今回の方が好き」 と感じるシーンもありました。

映画化されたり、新演出で再上演されたり・・・
レ・ミゼという作品が ずっと世に発信され続けている事が 本当に嬉しい。。。

さて、では 思いつくままに感想をつづってみようと思います。
ネタバレになりますので、大ジョブな方だけ、続きをどうぞ。

続きを読む


観て来たょ。レ・ミゼラブル☆♪ [レ・ミゼラブル2013]

5月22日ソワレを観劇しました。

レ・ミゼラブル[ぴかぴか(新しい)][るんるん]
CAST_LIST.jpg

新演出になって 初めての観劇でした。

楽曲や大まかな流れは ほとんど変わっていません。
ただ、衣裳や舞台セット、演出的な部分にかなり変化がありました。

見せ方が大きく変わっているので
今迄注目していなかった役にも 目が行ったり
「あぁ、このシーンはこういう解釈もあるなぁ」って 新たな発見があったり。

個人的には、涙腺崩壊ポイントも 今迄とは違ったりしました。


バルジャン、ジャベール、コゼット、エポニーヌ・・・
それぞれの役に抱いていた印象も 少し変わりましたね。
(多分 役者さんが変わったから、という事だけではないと思います)

大好きな作品を こんなに新鮮な気持ちで味わう事が出来るなんて・・・
本当に 幸せです[ぴかぴか(新しい)]
舞台の神様、ありがとぅ[グッド(上向き矢印)]

さてさて、観劇から一晩明けて、印象に残っているシーンは・・・

ガブローシュの死。

盆を使わない砦のシーンって どんな風になるだろう・・・って思っていたのですが、

ガブローシュが弾を拾いに行く所など
グランテールや学生達のリアクションにシーンが委ねられています。
この見せ方が、すごく好き。
かなり ハラハラしましたし、胸に来るものがありました。

あと、ジャベールの入水自殺も 凄かった!!
期待を裏切らない演出。
自分も 一緒に流れに飲まれているかのような錯覚に陥りました。

ほんとう、書きたい事がいっぱいなので
詳しいルポは、少しずつ更新して行きますね。

レ・ミゼは また来月にも観劇予定です。
違うキャストで観た時、また新たな発見があると思います。
楽しみです。


観に行くょ。レ・ミゼラブル☆ [レ・ミゼラブル2013]

今日は レ・ミゼラブルソワレを観に行ってきます。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

lesmis2013.jpg

新演出になってから 初めての観劇です[るんるん]

楽しみだなぁ。

ここ数週間の自分は、
これを観るために、体調を整えていた!
と言っても 過言ではありません(笑)

そういえば、昨夜の 「NHK歌謡コンサート」 に
マリウス役の 山崎育三郎さんが StarSとして 出演されていましたねぇ。

井上芳雄さん、浦井健治さんと一緒に 
「民衆の歌」 を歌って下さいました。

何度聞いても この歌は 心が震える。

今日は、私も一緒に (心の中で)この歌を歌って来ようと思います!

(余談)
・・・レ・ミゼのキャストではありませんが・・・
井上芳雄さんの歌い出しが、深みがあって、心に染みました。
劇場行く前から、泣いてしまいました・・・。

いつか レ・ミゼにも出演して頂きたいです。
何年か後、年を重ねられたら
バルジャンかジャベールで出て頂きたいなぁ。。。(個人的希望)


キャスト変更・・・ [レ・ミゼラブル2013]

うわぁぁぁ

山に行っている間に、なんか大変な事になってるっ・・・!!!

レ・ミゼラブル ジャンバルジャン役 キャストスケジュール変更のお知らせ・・・

3人のジャン・バルジャンのうちのお一人が 怪我をしてしまわれたそうです。
大丈夫なのでしょうか[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

しばらくは ジャンバルジャンは 吉原光夫さんが お一人で務められるとの事ですが
これも、相当ハードなスケジュールですね・・・。


しかも、残念な事に

公演中止になってしまったり、キャストスケジュールが変更になってしまう回も出ているようです。

私が観に行く予定の回も 影響を受けています。

本当は
一回目は 吉原さん:バルジャン、福井さん:ジャベール
二回目は 福井さん:ジャベール、吉原さん:バルジャン
という 入れ替わりで観たくて、チケットを抑えたのですが
(そして あわよくば キムさんのバルジャンも・・・と目論んでいたのですが)


福井さんはどっちの回にもキャスティングされておらず[たらーっ(汗)]
吉原さんは 両日ともバルジャン役となっていました。

改めて、
舞台は生ものであり
そこに関わる人は 誰一人として欠けてはいけない
大切な光なのだと 感じました。

きっと一番辛いのは、怪我をしてしまった ご本人でしょうね。。。
一日も早く 回復して、戻って来られますように[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
舞台の神様に、お祈りしております。

大丈夫

信じた明日は きっと 来る!


アカデミー賞 発表! [レ・ミゼラブル2013]

第85回 アカデミー賞。。。
昨日は この結果が気になって 気になって ずっとソワソワしておりました(笑)

自分が一番注目していた作品は・・・
やはり 「レ・ミゼラブル

その レ・ミゼは・・・

メイクアップヘアスタイル
録音賞
助演女優賞(アン・ハサウェイ)

を受賞しました!!
おめでとぅ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

しかし 録音賞 という物があることを 今回 初めて知りました(笑)

映画・レ・ミゼは
キャストが演じている(歌っている)生声を その場でダイレクトに録音する という手法を使っていました。
あの クリア―な歌声は 別収録された物では無いのです。
「その場の感情」を最優先した拘り・・・

そう考えると 「録音賞」 の受賞は納得ですね。

過去に どんな作品が録音賞を受賞しているか調べてみたところ
スラムドッグミリオネア とか
グラディエーター とか
エクソシスト とか があるようです。 ふむふむ・・・なるほど。
ライブ感に拘っている作品が多い・・・かな?

さてさて アカデミー賞の会場では レ・ミゼキャストによる パフォーマンスも行われたようですね。
全キャストによる 「ONE DAY MORE」

one_day_morejpg.jpg

アン・ハサウェイ(ファンティーヌ)も加わっている 「ONE DAY MORE」・・・

”明日には 分かる 神の御心(みこころ)が

                  朝が 明日が 来れば・・・” 

いやー・・・写真見ただけても 胸一杯になります。
本当に、本当に
深ぁぁい感動をありがとう。 レミゼラブル。

昨日の生放送を見逃している(笑)私は
2013年3月3日(日)16:20からの「第85回アカデミー賞ダイジェスト」(WOWWOW)
で 再び感動に浸る予定です。


レ・ミゼのキャストが更新されてる・・・ [レ・ミゼラブル2013]

久しぶりに 東宝ミュージカル レ・ミゼラブルのHPを開いてみたら・・・

キャストが一部変更になったようですね・・・。

山口祐一郎さんが 休養の為
ジャンバルジャン役を 降板されたようです。

残念…だなぁ。。。
自分、山口さんのバルジャンで 観劇しようと思っていたのに。。。

それに、「休養」・・・って。
いったい どうされたのでしょう。心配です。

また劇場で
あの包み込むような温かい声を響かせて下さるのを信じて・・・。

ご快復をお祈りしたいと思います。


さて、その バルジャン役ですが・・・

これにより、バルジャン役はキム・ジュンヒョン・福井晶一・吉原光夫、
ジャベール役は川口竜也・吉原光夫・福井晶一
(福井晶一・吉原光夫はバルジャン役・ジャベール役の二役)と
それぞれトリプルキャストとなります。
(東宝HPより)


とのこと!

バルジャンとジャベールを交互に演じる・・・というのは凄いですね。
でも それぞれの役の深みが、より一層 増す事と思います。

頑張って頂きたいです。


レミゼの余韻 [レ・ミゼラブル2013]

レ・ミゼの感動が止まりません。

観終わって3日経過した今も じわじわと感動が染みて来て
ずっと レミゼの事ばかり考えてる。

すごい影響力。。。

あと2~3回は観に行きたいと思っているのだけれど
観終わった後、何にも手に付かなくなっちゃうから
観る時期を ちゃんと考えないとなぁ・・・なんて
本気で心配しています(苦笑)

まぁ そんな感じで
今年のクリスマスは レミゼに思いを馳せていて、
気がついたら終わっていた・・・のですが

一応、ね。
自分で自分にクリスマスプレゼントを購入しましたょ。

7inc.jpg

ハイ。
私も とうとう タブレットデビューしました。

持ち運びが便利なように・・・7インチ タブレットです。
 
さっそく持ち歩いて 活用しているのですが

気がつくと これで 「レミゼ」関連を検索掛けてたりして・・・
電車内で夢中になって、乗り過ごしちゃったりして・・・

あぁぁぁぁ

しばらく レミゼ病は治まりそうにありませんね[たらーっ(汗)]


映画版・レミゼラブル (ネタばれあり) [レ・ミゼラブル2013]

映画版 レ・ミゼラブル の感想をupします。

ネタバレがありますのでお気をつけください。

とうとう 12月21日 公開されました。
「レ・ミゼラブル」
remi2.jpg

公開して間もないですが・・・レビュー評価が非常に高いようですね。
・・・納得です。
「号泣必至」 なんていうキャッチフレーズも あながち嘘じゃありません。
私も 号泣でした・・・。

・・・これから 観に行こうかと思っている人の為に ひとつ記述しておきますと
必要最低限 レ・ミゼラブル(ああ無情) がどういうストーリーなのか だけは
頭に入れておいてから観たほうが良いでしょう。

劇中 さまざまな人生模様が交錯します。
それが 99% 歌で進行します。

「ミュージカル版を観た事が無く、ストーリーも知らない」
という状態だと ストーリーを追うだけでいっぱいいっぱいになってしまう可能性があります。
そうなっちゃうと・・・勿体無いんです。
原作を全部読むのは 結構大変ですから
ウィキペディアの あらすじ だけでも 流し読みしてから 観る事をお勧めしたいと思います。

反対に ミュージカル版を網羅しているような方は
2時間半、体が硬直するのを覚悟してください(笑)
一瞬たりとも 目を放すことは出来ません。
当たり前ですが 「ワン ディ モア」 の後の休憩もありません。
臨戦態勢で 鑑賞に臨みましょう。

さて、そんな レミゼラブル。
このブログでも、舞台版の感想をイロイロupして来ました。
ココ とか ココ 

高校生の頃に この作品に出会い・・・
もう 何度 観劇したか分からないし
劇中の歌詞や演出はほとんど覚えています。
それほどに、はまっている作品です。

舞台への思い入れが強すぎる分、
映像になった レ・ミゼを受け入れられるのかしら・・・って思っていたけれど
杞憂でした。

この先は ネタバレです


前の10件 | - レ・ミゼラブル2013 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。